科学の話
 
地球サイズの巨大望遠鏡で観測、撮影 天の川のブラックホールfirst: 進藤ヒカル 2022/05/13last: 進藤ヒカル 2022/05/13地球サイズの巨大望遠鏡で観測、撮影 天の川のブラックホール ブラックホールは、非常に大量の物質が狭い領域に押し込められた天体だ。重力は非常に強い。光さえも抜け出すことができず、周囲にあるガスなど、あらゆるものを吸い込んでしまう。光も...
1
エイリアンが地球を侵略する可能性が拡大!?first: 進藤ヒカル 2021/11/21last: 進藤ヒカル 2021/11/21エイリアンが地球を侵略する可能性が拡大!? 人類の火星探査が、エイリアンの地球侵略の可能性を上げているという。カナダはモントリオールのマギル大学教授で侵入生物種の生態学に詳しいアンソニー・リッチャルディ氏は、地球外生物の到来は生態系...
1
なぜ科学の重鎮たちは中国を目指すのか「頭脳流出」だけでは語れない実態first: 進藤ヒカル 2021/11/08last: 進藤ヒカル 2021/11/08なぜ科学の重鎮たちは中国を目指すのか「頭脳流出」だけでは語れない実態 ■“日本の頭脳”は何処へ “またも日本人の快挙”。10月、今年のノーベル物理学賞に真鍋淑郎さん(90)が選ばれた直後、そう思った人も多かったかもしれ...
1
SpaceX、初の民間人宇宙旅行Inspiration4 無事地球に帰還first: 進藤ヒカル 2021/09/19last: 進藤ヒカル 2021/09/19SpaceX、初の民間人宇宙旅行Inspiration4 無事地球に帰還  イーロン・マスクCEO率いる米宇宙企業SpaceXが9月15日(現地時間)に打ち上げた、民間人だけが乗船する「Crew Dragon」は、3日間地球を周回し...
1
台風14号 Uターンするように進路を南へ その理由は?first: 進藤ヒカル 2020/10/11last: 進藤ヒカル 2020/10/11台風14号 Uターンするように進路を南へ その理由は? 台風14号は10日(土)12時の推定で、紀伊半島の沖を北東に進んでいます。これから今夜にかけてはほぼ真東に進みますが、明日11日(日)になると、まるでUターンするように、南に進...
1
絶滅危惧のモウコノウマ、40年前のDNAでクローン誕生 米first: 進藤ヒカル 2020/09/16last: 進藤ヒカル 2020/09/16絶滅危惧のモウコノウマ、40年前のDNAでクローン誕生 米 米カリフォルニア州のサンディエゴ動物園は、絶滅の危機に瀕しているモウコノウマのクローンを誕生させることに初めて成功したと発表した。 サンディエゴ動物園の4日の...
1
「1000万歳の赤ちゃん銀河」世界で初めて発見first: 進藤ヒカル 2020/08/01last: 進藤ヒカル 2020/08/01「1000万歳の赤ちゃん銀河」世界で初めて発見  これまでに見つかった銀河のなかでもっとも若い「赤ちゃん銀河」が見つかりました。その年齢は1000万歳です。  夏の星座として有名なヘルクレス座の方向、4.3億光年で青白...
1
8億年前に隕石のシャワー 小惑星破砕、地球や月に大量衝突 阪大・東大解析first: 進藤ヒカル 2020/07/23last: 進藤ヒカル 2020/07/238億年前に隕石のシャワー 小惑星破砕、地球や月に大量衝突 阪大・東大解析  約8億年前、直径100キロ以上の小惑星が破砕し、その破片が大量の隕石(いんせき)となって地球や月に衝突したとの解析結果を、大阪大と東京大の研究グループが発表...
1
世界史上初、宇宙から投票 ロシア飛行士、オンラインでfirst: 進藤ヒカル 2020/07/03last: 進藤ヒカル 2020/07/03世界史上初、宇宙から投票 ロシア飛行士、オンラインで ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスは6月30日、国際宇宙ステーションに滞在するロシア人宇宙飛行士のアナトリー・イワニシン氏が憲法改正案の是非を問う全国投票にオンラインで参加したと...
1
正体不明の天体、初検出 米の重力波望遠鏡「LIGO」first: 進藤ヒカル 2020/06/26last: 進藤ヒカル 2020/06/26正体不明の天体、初検出 米の重力波望遠鏡「LIGO」  米国の重力波望遠鏡「LIGO(ライゴ)」のチームは24日までに、太陽の質量の2.6倍という正体不明の天体を初めて検出したと発表した。これまでに見つかっている中性子星は最大でも太...
1
20年後、犬や猫との会話可能に? 文科省が未来予測first: 進藤ヒカル 2020/06/18last: 進藤ヒカル 2020/06/1820年後、犬や猫との会話可能に? 文科省が未来予測  遠くにいる恋人と食事のおいしさを共有したり、ペットと意思疎通したり――。政府は16日、2040年の未来を予測した今年版の科学技術白書を閣議決定した。現実と仮想現実の融合がさらに進...
1
やっぱり過酷。地球の生物で火星を「汚染」する可能性は低そうfirst: 進藤ヒカル 2020/05/16last: 進藤ヒカル 2020/05/16やっぱり過酷。地球の生物で火星を「汚染」する可能性は低そう 火星に着陸する探査機や探査車は、地球の微生物を持ち込んでしまうことがないように、打ち上げ前に滅菌処理が施されます。今回、もしも地球の生物が火星にたどり着いてしまったとしても...
1
2016年発見の超新星爆発、観測史上最も明るかったと判明。2つの恒星が合体後に爆発の可能性first: 進藤ヒカル 2020/04/16last: 進藤ヒカル 2020/04/162016年発見の超新星爆発、観測史上最も明るかったと判明。2つの恒星が合体後に爆発の可能性 2016年にハワイのパノラマ調査望遠鏡などによって発見されたSN2016apsは、観測史上最も明るい超新星爆発でした。Natureに発表され...
1
日本最古の飛行機設計図とは… 江戸時代の科学者、国友一貫斎の生家から冊子発見 滋賀first: 進藤ヒカル 2020/03/28last: 進藤ヒカル 2020/03/28日本最古の飛行機設計図とは… 江戸時代の科学者、国友一貫斎の生家から冊子発見 滋賀  滋賀県長浜市は27日、地元ゆかりの江戸時代の科学者で技術者、国友一貫斎(いっかんさい)(1778~1840年)が描いた飛行機の設計図「阿鼻機流(あ...
1
地球温暖化CO2犯人説は眉唾?懐疑論者が語る「信憑性に欠ける証拠」first: 進藤ヒカル 2020/03/22last: 進藤ヒカル 2020/03/22地球温暖化CO2犯人説は眉唾?懐疑論者が語る「信憑性に欠ける証拠」 スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんが国連で行ったスピーチが話題になり、再び注目を集めている地球温暖化問題。ただし、対策を真面目に考えているのは日本だけ...
1
1-15 of 166
 
1