キヤノン、EOS-1D X Mark III旗艦デジタル一眼レフの開発を終了へ。ミラーレスへの移行強化

キヤノン、旗艦デジタル一眼レフの開発を終了へ。ミラーレスへの移行強化

キヤノンの御手洗富士夫会長兼社長CEOは28日付けの読売新聞に掲載のインタビューで旗艦モデルとしての一眼レフカメラの新規開発や生産を数年後に終了し、ミラーレス一眼モデルに注力することを明らかにしました。キヤノンは2020年はじめにEOS-1D X Mark IIIを発売、一眼レフ健在をアピールしましたが、市場のニーズがミラーレスの利便性に向いているのは明らかな状況でした。

御手洗氏はこうした状況にあわせて「人をどんどん移している」と述べ、ミラーレスを今後の主力とすることを示しました。デジタルカメラは近年、スマートフォンが搭載するカメラの性能向上が著しく、カメラメーカーはミッドレンジ機でもスマートフォンのカメラより鮮明高精細な画像が撮れるミラーレス機に力を入れ差別化を図っています。

ミラーレス一眼は一眼レフに比べ内部構造が単純なのが特徴で、小型軽量化が図れるうえ、反射鏡のような可動部がないため故障も減る利点があります。

3台カメラメーカーも、ニコンが12月24日に8K動画撮影に対応するなど幅広い利点を備える高級ミラーレス機「Z9」を発売。ソニーは3月に「α1」を投入し、オリンピックでは多くのプロカメラマンがこれを使用していたとのこと。キヤノンも11月にミラーレス機EOS-R3を投入しつつ、さらに上位モデルを準備中とされます。

キヤノンは、入門機や中級ユーザー向けの一眼レフにはまだ海外での需要があるため、当面は開発生産を継続する方針としています。したがってキヤノン製の「デジイチ」が完全になくなることが決まったわけではありません。ただフラッグシップモデルとしては、数年後には旗艦モデルがミラーレス機に置き換わり、フィルム時代からフラッグシップを担ってきた一眼レフ技術は、その座を明け渡すことになります。

キヤノンがフラッグシップ一眼レフ終了へ、入門・中級機の一眼レフは当面継続

読売新聞オンラインで、キヤノンの御手洗冨士夫CEOがデジタル一眼レフの開発や生産に関してコメントしています。

キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長CEOは読売新聞のインタビューに応じ、従来のデジタル一眼レフカメラの旗艦モデルの開発や生産を数年後に終了して、「ミラーレスカメラに一本化する」と明らかにした。2020年に発売した最新機種「EOS-1D X Mark 3」が事実上最後のモデルとなる。

御手洗氏は「市場のニーズがミラーレスに加速度的に移っている。それに合わせて、どんどん人を移している」と述べ、開発体制の見直しを進めていることを明らかにした。入門機や中級機の一眼レフカメラは、海外で需要が底堅いことから、当面は開発や生産を継続する方針だ。

現在、キヤノンはミラーレスへのシフト急速に進めているところで、RFマウントのフラッグシップ機「EOS R1」の投入も示唆されているので、EOS-1Dシリーズの開発終了は意外なことではありませんね。

一眼レフファンにとっては残念な話ですが、入門機や中級機の一眼レフは当面継続ということなので、EFマウントシステムがすぐに無くなるというわけではなさそうです。Kissシリーズや4桁Dシリーズあたりの一眼レフは、今後も新製品が出てくるかもしれませんね。

🍎たったひとつの真実見抜く、見た目は大人、頭脳は子供、その名は名馬鹿ヒカル!🍏