關於攝影模式:P自動、M手動、A光圈優先、S快門優先,使用時機?

所有的DSLR相機上至少都有「 P、S、A、M」這4個曝光模式。「 P、S、A、M模式」是什麼?未決定首先要看的資料,當然Nikon對「 P、S、A、M模式」的說明:

撮影モード P、S、A、M(露出モード)

撮影モード P、S、A、M(露出モード)

「撮影モード」には「オートモード」と「シーンモード」と「P、S、A、Mモード」があります。
「オートモード」、「シーンモード」とは絞り値(F値)やシャッタースピードをカメラがコントロールします。
「P、S、A、Mモード」は露出モードとも呼ばれ、露出を決めるために、絞り値とシャッタースピードのどの要素を撮影者がコントロールするかを選ぶものです。

Pモード(プログラムオート)

適正露出となるように、絞り値とシャッタースピードをカメラが自動的に決めます。
ただし、露出を一定にしたまま、撮影者が絞り値とシャッタースピードの組み合わせを変えることができます。
これをプログラムシフトといいます。

Sモード(シャッター優先オート)

撮影者が選んだシャッタースピードに対して適正露出となるような絞り値をカメラが自動的に決めます。

Aモード(絞り優先オート)

撮影者が選んだ絞り値に対して適正露出となるようなシャッタースピードをカメラが自動的に決めます。
※P、S、Aのいずれのモードを選んでも露出は適正露出となります。

Mモード(マニュアル露出)

絞り値もシャッタースピードも撮影者自身が選ぶので写真の表現の幅は広がります。
しかし組み合わせを誤ると明るすぎる写真や暗すぎる写真となってしまいます。これを露出オーバー、露出アンダーと呼びます。
このため、カメラの露出インジケーターを見ながら、絞り値とシャッタースピードの組み合わせを決めることをおすすめします。

撮影モードシャッタースピード絞り値
P(プログラムオート) カメラが決定 カメラが決定
S(シャッター優先オート) 撮影者が決定 カメラが決定
A(絞り優先オート) カメラが決定 撮影者が決定
M(マニュアル) 撮影者が決定 撮影者が決定
mode-psam01.jpg
簡單的說,「 P、S、A、M模式」只不過是用來決定「快門」與「光圈」而已!我把Nikon的表格翻譯成中文:
撮影模式快門速度光圈值
P(程式自動) 由相機決定 由相機決定
S(快門優先自動) 由撮影者決定 由相機決定
A(光圈優先自動) 由相機決定 由撮影者決定
M(手動模式) 由撮影者決定 由撮影者決定

不管哪一台DSLR上,不管有多少攝影模式,事實上全部都只是設定「快門」與「光圈」而已!只是現代的DSLR還多了「自動ISO」,所以在「P、S、A、M模式」的旁邊,其實還多了「ISO」欄位,內容全部都是「由相機決定」!
「P、S、A、M模式」是Nikon與SONY與其他相機使用的簡稱。Canon的DSLR則是略有一點不同,把「P、S、A、M模式」稱為「P、Tv、Av、M模式」。用法完全相同,只是「快門優先」與「光圈優先」名稱略改一下而已。

効率化、目的達成のために応用撮影モードを知る

mode-psam02.jpg

除了Nion網頁的簡單說明,也可以參考一下其他網站。當然,我參考的都是「日本語」原文。因為Nikon是日本品牌,當然是參考「日本語」原文比較好。笑い

なんか色々モードがあるけど、どれを使うべきなの?

mode-psam03.jpg

mode-psam04.jpg

既然不管有多少攝影模式,全部都只是設定「快門」與「光圈」而已!那麼改變「快門速度」與改變「光圈大小」對一張寫真,會有什麼樣的影響?可以參考一下這篇:

カメラ初心者がカメラ初心者に贈る、絞りとシャッタースピード、ISO感度の話

這是示範改變「光圈大小」對「景深的深淺」的影響。「光圈越大」時「景深越淺」,「光圈越小」時「景深越深」。這是光學現象,不是「數學」!所以不用死背f/2.8、f/5.6、f/8的意義。只要知道數字越小的「f/2.8」是大光圈、數字越大的「f/16」是小光圈即可。

mode-psam05.jpg

這是示範改變「快門速度」對「影像停留在照片時間」的影響。如果「曝光時間」也就是「快門速度」長達15秒的話,迎面而來的自動車不會一直停留在畫面上(左邊有一輛一直停在那裡的自動車例外),都是瞬間走過「數位底片畫面」的話,唯一會停留下來的只剩下白色的「車燈」。

「快門速度越快」時「影像停留時間越短」,「快門速度越慢」時「影像停留時間越長久」。這同樣是「時間」必然的物理現象,不是「數學」!所以不用死背1/60秒、1/500秒、1/4000秒的意義。只要知道數字越小的「1/5秒」是慢速、低速快門、數字越大的「1/1000秒」是高速快門即可。

mode-psam06.jpg

這篇文章有很詳細的說明「P模式與A模式的不同!」雖然說明的非常詳細,還有許多測光示範寫真,唯一的缺點是用日本語寫。某交換學生室友應該是看不太懂。

PモードとAモードの違い!プログラムシフトを使うと一眼レフが楽しくなる撮影モード

プログラムオート(以下Pモード)の仕組みについてもう少し詳しく見ていきましょう。

Pモードには測光した明るさ(露出)をカメラが判断して同時に二つの動きがあります。

    絞り値を変える
    シャッタースピードを変える

上記の2値を同時に換えて適正なシャッタースピードと絞り値でバランスよく設定を割り出してくれます。
フルオートモードに似ていますが、このPモードは露出補正や測光モード、ホワイトバランスなどを変更できるので仕上がりの幅が広がるのです。(フルオートモードでは変更不可)

なので測光した値はフルオートとPモードとでは設定によって微妙に異なります。

mode-psam07.jpg

這篇是一位「初心者相機女子」寫的文章。她說,她買「一眼(レフ)」單眼相機已經3年多,但還是「初學者相機女子」。

她說:

雖然買單眼相機,只用「A、Av模式」拍攝的相機女子,不是很多嗎?

確實閱讀攝影書,書上有寫用「A、Av模式」拍攝,想要拍出柔和、閃閃發光(星芒等)時候,「A、Av模式」非常優秀。

初心者カメラ女子でもキレイな写真が撮れるPモードとは?

一眼(レフ)を買って3年ちょい。
まだまだ初心者カメラ女子のSYOですこんにちわ。

Pモードのススメ

一眼(レフ)を買ったけど、A (Av)モードでしか撮ってない!
っていうカメラ女子、多いんじゃないですか?

テーブルフォトの本を読むと確かにA(Av)モードで撮れと書いてあるし、
ふわふわ、キラキラの写真を撮るときはA(Av)モードは非常に優秀です。

mode-psam08.jpg

要怎樣設定「P、S、A、M模式」或「P、Tv、Av、M模式」這篇文章甚至還有把每個模式分為:轉動攝影模式轉盤、在機頂「LCD液晶画面」設定「快門速度」與「光圈大小」非常詳細的步驟。

露出モードを使い分けよう!

mode-psam09.jpg

雖然底下這篇文章是寫「單眼相機攝影,光圈優先模式,推薦的理由」但很顯然他寫錯了重要的事情!既然是錯很大,把「矩陣測光、點測光」寫錯成「P模式與A模式」的差異,細節我就不翻譯了!唯一能看的只有「光圈開口大小」與「光圈數字」對應的關係。

一眼レフカメラ撮影は、絞り優先モードがおすすめの理由

mode-psam10.jpg

那麼,「P、S、A、M模式」或「P、Tv、Av、M模式」在「風景攝影」與「旅遊寫真」時,到底要使用哪一個模式?未決定不用說,正確的答案只有一個!就是使用「光圈優先模式」來拍!笑い他說:

專業風景寫真家,聽說大多是「光圈優先模式」(相機模式轉盤的A或是Av)使用。我也攝影時,幾乎都是用這個模式來拍。

風景を撮る時に心掛けている5つのこと

3.【絞り優先モード】で撮る!

プロの風景写真家の多くは「絞り優先モード」(カメラのモードダイヤルのAもしくはAv)を使うそうです。僕も撮影時のほとんどをこのモードで撮っています。

このモードは、その名の通り「絞り」を基準に撮影時の条件設定を行うモードです。具体的には、絞りの値を変えると、それに合わせてカメラ側で適正なシャッタースピードを決めてくれます。

mode-psam11.jpg

這篇文章「旅途中有用的 "α" 攝影技巧」也有說:普通使用「光圈優先模式」最適合!

旅で役立つ”α”撮影テクニック

1.撮影モードについて

1.1 普段は絞り優先モードを使うのが最適

これは前から聞いてたし,誰に聞いてもそう言うんだけど理由が解った。

シャッタースピードのレンジ(30-1/4000)と絞りのレンジ(3.5-5.6)だと一般的に絞りのレンジの方が幅が狭い。

だから,先に絞りを決めて自動的にシャッタースピードを決めるAモードが最適とのコト。

mode-psam12.jpg

底下這篇文章「攝影模式是?關於M、A、S、P模式」也有說:說不定是筆者的偏見,到習慣為止,我想一直用「光圈優先」這個模式就好。

撮影モードって? M/A/S/Pモードについて

▶Aモード(絞り優先オート)

撮影者が選んだ絞り値(F値)に対して適正露出となるようなシャッタースピードをカメラが自動的に決めます。

筆者の偏見かもしれませんが、慣れるまでは常にこのモードでいいと思います。

mode-psam13.jpg

最後附上要怎要拍漂亮的寫真的40個好點子。以上這些都是我隨手去Google臨時找來的。

てっとり早くかっこいい写真を撮るための40のアイデア!

mode-psam14.jpg

既然風景寫真、旅遊寫真都是以「A、Av光圈優先」模式比較好。但也不是把攝影模式轉盤轉到「A、Av」就可以了!使用「A、Av」要注意:

1. 沒有必要,不要使用低於f/4或是f/5.6以下的大光圈!因為任何鏡頭,低於f/5.6的畫質銳利度都很差,而且還會有明顯的「邊角失光」的問題。也就是以鏡頭中間的「圓圈」外面會變得比較暗,「嚴重時」會有點像是用手電筒照著中央部分,周圍比較暗的感覺。

事實上不管是什麼模式,就算是P模式(測光後還是可以透過轉盤來改變自動模式的組合)最好的光圈是f/5.6、f/6.3、f/8或f/11!最好是只用這幾個光圈,不要小於等於f/4,也不要超過或等於f/16,因為f/16時會產生另外一個光學效應「光線繞射」而使得畫質也變差。

2. 因為光圈固定在使用者設定的f/5.6、f/6.3、f/8或f/11,對照最前面的表格,就會看到「快門速度」會是「由相機決定」!如果不想因為「快門速度太低」而拍出手震模糊的寫真,還是要留意一下「快門速度」!

但因為現代新的相機都有「自動ISO」功能,只要有開啟「自動ISO」,最低的快門速度可以被預先設定,而不會因為使用「f/8」的小光圈,導致快門速度只有「1/5秒」以下。不過,當光線昏暗的時候,還要使用「f/8」的小光圈、「自動ISO」預先設定的「1/60秒」,很可能會導致相機使用「ISO 6400」以上的高感光度!

對於有「內藏防手震」功能的鏡頭、相機,白白浪費「3級、4級的防手震」功能,卻用「ISO 6400」與「1/60秒」來拍,可說是擁有寶物而廢棄不用!

因為...... 雖然「f/8」的小光圈可以得到很好的畫質銳利度、比較好的景深,但這只限於ISO 400、800以下的感光度,當感光度太高之後,CMOS底片的「雜訊」就會破壞畫質,使得在這種情況下使用「f/8」的小光圈一點用也沒有!畫質的銳利度會變得很差!只剩下「比較深的景深」一個優點。


然而,光線昏暗的時候,你要怎麼辦?
1. 上腳架?旅遊時都已經嫌相機重,你還會帶腳架出去??
2. 提高 ISO 感光度。假設上到最高ISO 25600,快門還是只有1/10秒,在「安全快門」最低的極限,而且已經是最大光圈的話,因為沒有防手震,所以唯一辦法只有提高ISO吧?但是因為雜訊變高,所以只好使用相機上的「高感度消除雜訊」或是高速連拍幾張重疊來消除雜訊?順便幫忙消耗快門數?
3. 買防手震鏡頭開防手震來用。雖然防手震也有技術極限,不可能快門低到1秒還能拍得很清楚。但至少ISO不用提高到很高,甚至攻頂的ISO 25600,至少能從25600降低一級到12800,更好的話可以將兩級到6400,甚至是連將三級到ISO 3200。不要說是「連降4級」,能連將三級到ISO 3200,同樣是1/10秒來拍出清晰的寫真,我覺得就不錯了。
雖然開VR、IS「防手震」功能可能會降低一些因為「鏡片轉動」導致光軸跑掉,產生一些銳利度的偏差,但總比你買沒有防手震,又在安全快門最低極限,只能直上ISO 25600來拍要好多了吧?雜訊一堆還不是破壞銳利度,就算「2400萬」高畫素變得一點用也沒有!
手ブレ補正効果
(CIPAガイドライン準拠)
4段分※

所以結論很清楚,你需要「防手震」的時候,低ISO拍出來的畫質,肯定比你用高ISO+消除雜訊好得多了!同樣要犧牲一些光學畫質、銳利度,還不如「有防手震」。

結論:
1. 普通風景寫真、旅遊寫真請善用「A光圈優先模式」「AWB或MWB」與「VR防手震」以及「低ISO感光度」、「アクティブD-ライティング」這幾個相當好用的「利器」!
2. 普通室內、餐廳寫真請善用「M手動模式」「MWB白平衡」與「VR防手震」以及「低ISO感光度」、「アクティブD-ライティング」這幾個相當好用的「利器」!
只要會使用這些功能,就已經可以拍出許多漂亮的寫真了!其他功能都只是「其次」!比如「快門延遲模式」等,可以慢慢再學。
🍎たったひとつの真実見抜く、見た目は大人、頭脳は子供、その名は名馬鹿ヒカル!🍏

其實hikaru不止一次教過我,而且白先生的書當中也有寫。

只是我不敢嘗試,SONY那台我只有一開始用M模式,後面都是P模式了。

我要成為幸運的一般會社員

那是因為你使用「M模式」並沒有「依據某個測光條件」而是按照自己的喜好!

把相機轉到「A模式」又不會「自爆」還是「故障」!有什麼好怕的!

🍎たったひとつの真実見抜く、見た目は大人、頭脳は子供、その名は名馬鹿ヒカル!🍏