超電導リニアモーターカー「L0系」中央新幹線最高時速500キロ公開

<リニア中央新幹線>最高時速500キロ 新型車両、JR東海が公開

JR東海は22日、山梨県都留市の山梨リニア実験線で、リニア中央新幹線(27年に東京-名古屋開業予定)で営業運転に使う新型車両「L0(エルゼロ)系」の搬入作業を公開した。新型車両のお披露目は初めて。

 搬入されたのは先頭車両(長さ28メートル、幅2・9メートル、高さ3・1メートル)。白地に青色のラインが入った流線型。先頭車両は24人乗りで、中間車両は68人乗り。最高時速500キロで走る。

 L0系は日本車輌製造と三菱重工がこれまでに計5両を製造。来年末まで予定される同実験線の延伸工事が終わり次第、走行試験を始める。【藤河匠】

 

101027-5.jpg


 

JR新型車両、高速化へ着々と準備 「L0系」と「スーパーこまち」公開

JR東海は22日、営業運転を想定したリニアモーターカーの新型車両を初めて公開した。現在工事中の延伸区間が完成する2013年末から走行試験を始める予定。同日にはJR東日本も、来年3月から秋田新幹線の営業運転に使う「スーパーこまち」を公開。2社の新型車両が相次ぎお目見えした。両社ともドル箱といえる高速鉄道のさらなる「高速化」に向けて、着々と準備を進める。

[見て分かる!]中国より日本の新幹線が安全なワケ

 JR東海は山梨リニア実験線車両基地(山梨県都留市)で、超電導リニアの新型車両「L0系」の車体搬入作業を行った。車両は東海道新幹線「N700系」のデザインを踏襲したが、最高時速500キロを出すために空気抵抗を減らそうと先頭車両(全長28メートル)の鼻先が15メートルと長い。

 納入された車両は、実際の営業運転で使う第1世代に当たる。遠藤泰和・山梨実験センター所長は「L0系はこれまでの実験ノウハウが詰まっている。今後安全面など最終検証を行っていく」と語った。

 まず5両、その後12両に伸ばして営業運転に近い形で走行試験。問題がなければ、2027年に東京(品川)-名古屋間を最短40分で結ぶ“夢の超特急”が実現する。

 一方、JR東は既存の新幹線技術の高速化に挑む。宮城県利府町の新幹線総合車両センターで公開された新型車両「E6系(スーパーこまち)」はその布石となる。現在のE3系(こまち)は最高時速275キロだが、E6系導入で同300キロ、さらに14年春には同320キロの運転を始める。

 JR東の冨田哲郎社長は2020年度までに「鉄道の優位性を高める」として、東北新幹線などで最高時速360キロの実現を目指すと宣言。360キロ運転の実現には「現在の新型車両の後継車両の開発が進む」(関係者)とみられている。


 

そんなに速く安全な超電導リニアモーターカーは僕も乗りたいな〜

🍎たったひとつの真実見抜く、見た目は大人、頭脳は子供、その名は名馬鹿ヒカル!

http://zh.wikipedia.org/wiki/JR%E7%A3%81%E6%B5%AE

希望趕緊進入商轉營運,找時間去搭看看。

 

じゃ、都合が良ければ、一緒に乗りましょうか?哈哈

🍎たったひとつの真実見抜く、見た目は大人、頭脳は子供、その名は名馬鹿ヒカル!