什麼都自己來!Apple打算揮別Intel,幫Mac電腦設計專用晶片

什麼都自己來!傳蘋果欲揮別英特爾 計畫為Mac電腦設計自家晶片

Apple (蘋果)(AAPL-US) 正一步步藉由整合 iPhone 和 iPad 的晶片技術,取代其 Mac 電腦和其他產品的微晶片供應商 Intel (英特爾) (INTC-US)。

根據《CENT》的報導,蘋果試圖為其桌電、筆電和其他電腦產品推出自產晶片設計技術,打算與半導體大廠英特爾分道揚鑣。

蘋果逝世的前執行長賈伯斯 (Steve Jobs) 2005 年時宣布,蘋果將自 PowerPC 結構轉為英特爾 x86 結構,因為 PowerPC 未來的路徑無法再滿足蘋果公司對其筆電和其他電腦產品的需求。

大概一個月後,蘋果所有 Mac 電腦均搭載英特爾處理器,而當時使用的 Apple Xserve 伺服器也在 2006 年升級至英特爾Xeon處理器。

然而,一位不具名的內部人士透露,蘋果現在犯了「七年之癢」,想要盡可能使用自家微晶片技術,提高企業獨立性。

蘋果砸數百萬美元開發 ARM 基礎的晶片設計,作為其行動產品如 iPhone 和 iPad 的動力。

iPhone 使用的 A6 晶片耗費蘋果 4 億美元收購晶片公司,例如 PA Semi 和 Intrinsity,並額外支出取得 ARM 晶片技術授權的權利金。

消息人士指出,蘋果正打算為旗下全部 Mac 電腦和設備研發一款強大的晶片版本。

雖然蘋果下一步的計畫傳聞滿天飛,但消息人士澄清,目前為止尚未有任何定案。另一方面,英特爾則表示不願對傳聞作出回應,但保證會在獲得足夠消息時發表聲明。

Linley Group 晶片分析師 Linley Gwennap 預期蘋果每 2 年會研發出 CPU 新設計,類似英特爾和 AMD 發表產品的節奏。


嗯~如果能設計出性能不輸給Core i7處理器,而且又能與「A6X」系列完全相容,對一般user來說,反正電腦能用,程式能跑就行了,誰會管CPU用啥Assembly組合語言指令?架構?

當年就是IBM PowerPC不爭氣,做不出省電又高速的「筆記型電腦專用的PowerPC G5」甚至是「G6」,所以才會在「PowerPC G5」劃下句點,從此揮別PowerPC,改用更普及的Intel處理器。

不過,剛跳槽的Intel Core Duo與Core 2 Duo跑「虛擬PowerPC處理器」效能很差,用是能用,但速度很龜,如果又要轉換CPU,肯定又有轉換陣痛期!要忍耐跑一堆intel程式都變成龜速的頭痛問題。

 

🍎たったひとつの真実見抜く、見た目は大人、頭脳は子供、その名は名馬鹿ヒカル!

痛了一次痛兩次,到底還要痛幾次?Apple這方面真的是不乾脆........

要翻臉就趁早,不然黑蘋果越來越多;不敢翻臉就乖乖忍耐,要不然,老賈死後的崩盤可能就要開演了...........

 

喔~對我們這種從「Apple II」年代玩到現在的老蘋果人來說,絕對不會因為Apple想要把MacBook Pro也改用「A8」處理器就一氣之下不買了,跳槽到Windows 9!

 

只不過Apple並不是第一次換CPU換系統,事實上已經換過好幾次了!


 

Apple III(アップル・スリー)は、1980年に発表されたアップルコンピュータのビジネス向けパーソナルコンピュータである。「Apple ///」と表記されることもあるが、これは同機の画面上の表示がこうであったため。

 

  • クロック2MHzの6502A CPU(Apple IIの2倍)
  • MMUハードウェアを内蔵し、128KB(のちに256KB)まで拡張可能な主記憶
  • 80桁で英大小文字が表示可能な表示機能
  • 5.25インチ片面倍密度FDD1台を同社では初めて本体に内蔵(外部に拡張可能)
  • ビジネス向けにテンキーを標準装備(Apple IIではテンキーは別オプション)
  • Apple ProfileというHDDを外付け可能
  • SOS (Sophisticated Operating System) という現在のOSに近いDOSを搭載
  • Apple IIのエミュレーションモードを持ち、従来のソフトも利用可能

 It would be many years before many of those features were implemented on the Macintosh platform. Protected memory, for instance, did not arrive until the Mac OS X operating system was released in 2001. The Macintosh featured a faster 68000 processor (7.89 MHz) and sound. The complexity of the Lisa operating system and its programs taxed the 5 MHz Motorola 68000 microprocessor so that consumers said it felt sluggish, particularly when scrolling in documents.

Macintosh配置了更快的68000處理器( 7.89 MHz )和聲音。作業系統的複雜性也讓Lisa 5兆赫的摩托羅拉68000微處理器不堪重負,它使系統緩慢,特別是在滾動顯示文件的時候。


 

  • MC68000 - サン・マイクロシステムズの初代UNIXワークステーションであるSun-1 や、初期の Macintosh などに採用された。日本ではシャープ X68000シリーズ、SNK ネオジオなどに採用された。
    • MC68EC000 - 8bit データバスとして使用できるローコスト版。各種機器制御用の組み込みMPUとして使用されたほか、セガサターンではサウンド制御用MPUとして搭載された。
  • MC68008 - データバスを8ビット、アドレスバスを20ビットに縮小、安価な48ピンパッケージに収めた縮小版の68000MPUである。
  • MC68010 - MC68000 に仮想記憶および仮想機械を実現するための機構を追加した。3ワード分のキャッシュを持ち、MC68000に較べ、DBcc命令等を高速に実行可能だった。サン・マイクロシステムズUnixワークステーションであるSun-2に搭載された。
  • MC68012 - 外部アドレスバス31ビット。
  • MC68020 - 外部アドレスバス32ビット、データバス32ビットと、名実ともに32ビット化。命令キャッシュ256バイトを追加。コプロセッサの接続も可能になった。Sun-3、Macintosh II、Amiga 1200などに搭載。
  • MC68030 - MC68851相当のMMU内蔵、命令キャッシュのほかにデータキャッシュ256バイトを追加。Sun3/80、ソニー NEWS、Next Cube(初代)、Macintosh IIx以降、Amiga 3000などに搭載。
    • MC68EC030 - MMU 無し。シャープ X68030に搭載。
  • MC68040 - MMU、MC68882相当のFPU内蔵(一部命令はソフトウェアエミュレート)、各キャッシュを4Kバイトに増加、命令の高速化、マルチプロセッサのサポート。Next Cube、Macintosh Quadra・Centris、Amiga 4000などに搭載。なお、68040はXC68040(ソフトで言うベータ版)チップがそのまま量産されており、いわゆるエラッタが解消したMC68040はほとんど流通していない。
    • MC68EC040 - MMU無し。
    • MC68LC040 - FPU無し。Macintosh LC475・575等、Appleの廉価モデルなどに搭載。
    • MC68040V - 低電圧動作 (3.3V) 版。
  • MC68060 - 68040とピン互換、内部2逓倍、ワイヤードロジック化に伴い、一部の命令が削除された。しかしサン・マイクロシステムズはSPARC、MacintoshはPowerPC、他はMIPSなどに移行したためワークステーション・パソコンではほとんど採用されず。AmigaやX680x0ではアクセラレータとして使われた。
    • MC68EC060
    • MC68LC060
  • SCC68070 - シグネティックスが、CD-iのために製造した組み込み用の互換MPU。 

PowerPC 601シリーズはIBMのサーバワークステーション向けプロセッサであるPOWERをベースとして設計された。601シリーズのコアは後継の603シリーズや604シリーズと異なり、POWERアーキテクチャとの互換性をもつ。また、従来型のMacintoshに採用されていたモトローラの68Kプロセッサとの互換性を考慮し、外部インターフェイスは新規に設計された。バス幅は68Kの32bitから64bitに拡張された。

製品化された最初のPowerPCであり、このプロセッサがMacintoshに搭載される初めてのPowerPCとなったことから、従来Macに搭載されていたMC68000(68K)プロセッサとの互換性が重視された。また、市場に迅速に投入するために、既存のPOWERアーキテクチャとの互換性が高いコアが採用された。

投入された当初は、まだPowerPC用のソフトウェアは充実していなかった。しかし、Mac OSに使われた68Kプロセッサのエミュレータが非常に高性能だったため、Power Macintosh上でもFPU命令を使用しない68Kプロセッサ向けのソフトウェアは68040に近い速度で動いた。このためPowerPCへの移行はスムーズに受け入れられた。このことから、601プロセッサの橋渡しとしての役割は非常に大きなものであったといえる。


 

最早的時候,Apple II、Apple III是使用「6502」處理器,之後則是大改版,系統全部重寫,改用68000系列處理器,之後到了PowerPC系列,雖然有考慮到「互換性」但還是與「68Kプロセッサ」不太一樣。

畢竟intel架構是「絕對多數」或是「相對多數」,只有「智慧型手機處理器」與「平板電腦」正好相反,如果要取代「intel架構」,又要用AMD或Nvidia的GPU,我看可能問題會很多!

Apple自己打造的GPU,搞不好性能連Intel發展多年的晶片組都比不上,要在短時間內幹掉「intel+AMD或Nvidia架構」只怕沒那麼簡單。哈哈

🍎たったひとつの真実見抜く、見た目は大人、頭脳は子供、その名は名馬鹿ヒカル!