の東京メトロ丸ノ内線車内で缶が破裂、強力洗剤噴出、乗客ら負傷

アルミ缶と化学反応、破裂か=地下鉄で強力洗剤噴出―警視庁

東京都文京区の東京メトロ本郷三丁目駅の丸ノ内線車内で缶が破裂し、中に入っていた強力洗剤が噴出してけが人が出た事故で、容器のアルミ缶が洗剤と化学反応を起こして破裂した可能性があることが20日、警視庁本富士署への取材で分かった。同署は洗剤やアルミ缶の鑑定を進めるなどして詳しい原因を調べる。
同署などによると、簡易鑑定の結果、洗剤は強アルカリ性の業務用洗剤と判明。乗客で20代の飲食店勤務の女性が、アルミ製でふたの付いたコーヒー缶に入れて持ち帰るところだった。女性は「自宅の掃除をするために勤務先の飲食店で分けてもらった」と話したという。

地下鉄車内で缶破裂、乗客ら負傷=強力洗剤噴出、男女14人-東京・本郷

20日午前0時15分ごろ、東京都文京区の東京メトロ本郷三丁目駅に停車中の丸ノ内線車内で破裂した缶から液体が噴き出し、警視庁本富士署や東京消防庁によると、乗客ら男女14人が負傷した。強アルカリ性の業務用洗剤を浴びたとみられ、うち2人が重傷だが、意識はあるという。
同署によると、乗客で20代の飲食店勤務の女性が「勤務する飲食店で洗剤を分けてもらい、缶に入れて自宅に帰る途中、車内で缶が爆発した」と話している。
電車は6両編成で、車内で缶が破裂した。女性は缶をポリ袋で包み、手提げ袋に入れていたという。
被害に遭った乗客の女性(23)は「全身に液体を浴びて体がひりひりした。青い缶を持っていた女性が『洗剤が、洗剤が』と叫んでいた」と証言した。
車内にいた男性会社員(52)は「電車が同駅に着いた直後に爆竹のような音がして、頭から液体を浴びた乗客の男女が叫び出した。液体は無色で異臭はしなかった」と話した。


まあ、馬鹿な「20代の飲食店勤務の女性」だろう。Sigh

🍎たったひとつの真実見抜く、見た目は大人、頭脳は子供、その名は名馬鹿ヒカル!