Post view

Nikon RAW画像の現像・調整新ソフトウェア「Capture NX-D」

この間ニコンが新しいRAW画像の現像・調整ソフトウェア「Capture NX-D」を公開したので、僕も早速ダウンロードして試してみた。


RAW画像の現像・調整新ソフトウェア「Capture NX-D」(ベータ版)を本日から公開

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、ニコンデジタルカメラで撮影したRAW画像の現像・調整ソフトウェア「Capture NX-D(キャプチャー エヌエックス ディー)」(ベータ版)を本日から公開します。

「Capture NX-D」は、現行の「Capture NX 2」から切り替える形で提供する無償のソフトウェアです。ニコンのデジタル一眼レフカメラ、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1」、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」の一部の機種で撮影された、画像処理前の生データであるRAW画像(拡張子.nef/.nrw)を読み込み、よりイメージ通りの画像へ仕上げます。RAW画像以外にもJPEG、TIFFファイルの画像調整も可能です。
「-D」は、「Development[現像]」からとっており、「RAW現像」のための調整機能に特化したソフトウェアであることを意味しています。

「Capture NX-D」(ベータ版)公開中に実際に同ソフトウェアを使用されたユーザーから寄せられた意見・要望を参考に、今夏予定の正式版リリースに向けさらなる改良を行う予定です。

なお、現行の「Capture NX 2」については、「Capture NX-D」(ベータ版)公開中も、引き続き販売およびバージョンアップ提供のサポートを実施しますが、「Capture NX-D」の正式版リリース後は、バージョンアップ提供のサポートを終了する予定です。

「Capture NX-D」(ベータ版) 概要

名称 「Capture NX-D」(ベータ版)
公開日 2014年2月25日
ダウンロードページURL http://beta.nikonimglib.com

開発の背景

ニコンはこれまで、ニコンのデジタルカメラで撮影されたRAW画像の現像、調整をサポートし、より良い画像に仕上げるソフトウェア「Capture NX」シリーズ(別売)を開発、提供してきました。また、カメラに同梱している画像閲覧・編集ソフトウェア「View NX」シリーズにおいても、一部のRAW画像調整機能を搭載しています。
「Capture NX-D」は、高機能のRAW画像の調整を求めるユーザーからの要望を受け、「Capture NX 2」と同等のRAW画像の現像・調整を無償でご利用いただけるよう、新たなソフトウェアとして開発しました。ニコンがこだわる画作りの思想を盛り込み、撮影後の画像調整により、さらにイメージ通りの画像に仕上げることができるソフトウェアです。

主な特長

  1. 「Capture NX 2」と同等のRAW現像に特化した調整機能

    カメラで撮影したRAW画像(拡張子.nef/.nrw)を読み込み、ホワイトバランスの調整や露出補正などを行える機能を搭載しています。また、ニコン独自の画作り設定機能である「ピクチャーコントロール」にも対応しています。

  2. JPEG/TIFFの簡易調整に対応

    JPEG、TIFF画像に対しても、「Capture NX 2」と同等にトーンカーブ、明るさ、コントラストなどの画像調整、また、レンズに関する倍率色収差補正、画像の周辺光量不足を調整するヴィネットコントロール調整などが可能です。

  3. 大きい画面の利用時に使いやすいフローティングパレット

    「Capture NX 2」では、画像調整機能のウィンドウは固定されていましたが、「Capture NX-D」では調整機能ごとに画面上の好きな位置に動かせるフローティングパレット化することが可能になりました。
    2画面モニターを使用する際も、画像表示エリアを広く取って操作することができます。フローティングパレットは、2つ以上つなげて同時移動ができるなど、利便性も向上しています。

  4. 複数画像、調整前後の比較などの多彩な表示形式

    サムネイル表示、混合表示、プレビュー表示、全画面表示での画像表示が可能です。混合表示のサムネイルは上下左右に配置することができ、使いやすい位置に表示できます。
    また、複数画像の比較表示や画像の調整前、調整後の比較表示も可能です。画像比較時に拡大表示した場合でも、連動しての表示位置変更が可能なため、主要被写体を同時に見ながら画像を調整することが容易になります。

  5. 調整情報を別ファイルに記録して保存する、サイドカーファイル形式を採用

    これまでの保存形式と違い、調整情報を別ファイルに記録して保存するサイドカーファイル形式を採用しています。
    元ファイルに調整結果を書き戻さずそのままの状態で保存するため、いつでもRAW現像をやり直すことができます。

  6. その他の機能

    タグ情報をもとにカメラ名やレンズの撮影距離などから必要な画像を絞り込むことが容易な「フィルター機能」を搭載。また、面倒な調整処理が一括処理でできるバッチ処理や、RAW現像した画像をTIFF 16bit画像として他の画像アプリへ転送することが可能です。

「Capture NX-D」動作環境(ベータ版における)

【Windows】

OS Windows® 7(SP1) 64/32bit版、Windows® 8.1 64bit版
  • ※すべてプリインストールされているモデルに対応。64bit版では、64bitネイティブのアプリケーションとして動作します。
CPU Pentium互換CPU(Core i5以上推奨)
RAM(メモリー) 2GB以上実装(4GB以上実装推奨)
ハードディスク インストール時に800MB以上の空き容量が必要(推奨2GB以上)
モニター解像度 1280×768ピクセル以上
その他 ベータ版ダウンロードのためにインターネット接続が必要

【Macintosh】

OS OS X 10.8、および10.9
CPU Intel® CoreTM 2 Duo以上のCPU(Core i5以上推奨)
RAM(メモリー) 4GB以上
ハードディスク インストール時に800MB以上の空き容量が必要(推奨2GB以上)
モニター解像度 1280×768ピクセル以上
その他 ベータ版ダウンロードのためにインターネット接続が必要
  • ※正式な製品の仕様に関しては、確定した段階でご案内します。

ダウンロードしたイメージファイルを開き、インストールファイルをクリックする。

nikoncapturenxd01.jpg

「次へ」をクリックする。

nikoncapturenxd02.jpg

「インストール」をクリックする。

nikoncapturenxd03.jpg

「続ける」をクリックする。

nikoncapturenxd04.jpg

「続ける」をクリックする。

nikoncapturenxd05.jpg

「インストール」をクリックする。

nikoncapturenxd06.jpg

インストールが完了した!「閉じる」をクリックする。

nikoncapturenxd07.jpg

Dockに新しい「Capture NX-D」のアイコンが置いてあった。

nikoncapturenxd08.jpg

「Capture NX-D」をクリックしたら、新しい操作画面が出てくる。

nikoncapturenxd09.jpg

なぜ画面が真っ黒になったか?理由はよく分からないけど。

nikoncapturenxd10.jpg

「Capture NX-D」の使い方は古いViewNXより簡単?そうとは思わない。

view2ver292bug03.jpg

ViewNX 2はCanon DPPより使いにくいし、写真のEXIF詳細情報も詳しく表示されない!

view2ver292bug04.jpg

進藤ヒカル 04/30/2014 0 1124
Comments
Order by: 
Per page:
 
  • There are no comments yet
Rate
0 votes
Post info
進藤ヒカル
写真を撮りまくる
04/30/2014 (1664 days ago)
Actions