Post view

Canon DPPのBatchWorkerがRAW現像でCPUに負荷を掛けてみる

前の文章を見てね:

Canon DPPの「BATCHWORKER」がCPU使用率731%

キヤノンのDPPで「全選択」をクリックし、そして「一括保存」をクリックしてRAW現像(RAWファイルをJPEG形式に変換)したら、Core i7 2.3GHz4コア8スレッドが全て「目一杯」走っている。

batchworker01.jpg

もっと忙しい時に「精一杯」走っている!

batchworker02.jpg

BatchWorker一つだけでCPU使用率は611.3%を使っている。

batchworker03.jpg

DashboardのiSTAT NANOでCPU使用率は94%を示している。

batchworker04.jpg

でもね、仕事量の負荷を掛けても「GPU」(CPUじゃなくて)の温度はそんなに高くない。

batchworker05.jpg

二つファン (CPUとGPUのファン) の回転数は高く5700rpmと6156rpmになってもファン音は依然として静かだ!流石新しいMacBook Pro Retinaだ。

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルは、細部への徹底したこだわりの固まりです。冷却ファン、通気口、スピーカー、ノイズを抑えるマイク、ねじ、そしてマグネットラッチの機械加工まで、Appleのデザイナーとエンジニアがしっかり連携して、一つひとつを丁寧につくり上げました。すべてを注意深く検討し、妥協は一つもありません。ここまで進化したノートブックでは、ナノメートルレベルの精度が要求されるからです。

非対称に配置されたブレードと、背面および側面に配置された通気口が連係し、発生する音を減らしながら、空気の流量を最大化します。

batchworker06.jpg

バッテリーの充放電回数はただ5回だけ!そして完全充電時の容量(mAh): 8777だった。笑い

batchworker07.jpg

キヤノンのDPPで159コマの写真を全て選択して「一括保存」でRAW現像したら、BatchWorkerがCPU使用率は647%を使っている。

batchworker08.jpg

それにディスプレイの輝度は約80%くらいで、そんなに低くないので、新しいMacBook Pro Retinaのアダプターは確かに85Wがあるに違いない!電力の余裕はまだまだ有るだろう。

batchworker09.jpg

BatchWorkerがCPU使用率は636%を使っていた。

batchworker10.jpg

BatchWorkerのRAW写真の現像作業が終わったら、CPU負荷も低くなる。

batchworker11.jpg

進藤ヒカル 04/17/2014 0 1345
Comments
Order by: 
Per page:
 
  • There are no comments yet
Rate
0 votes
Post info
進藤ヒカル
写真を撮りまくる
04/17/2014 (1767 days ago)
Actions